アラフォー女性の私が高望み婚活を成功させるために心掛けたこと

gut
女性が婚活で相手に高望みするのは「収入」「ルックス」「ステイタス(学歴等・職業)」などなど。中でも群を抜いて多い高望みは収入

なんて言う私も婚活で最後までこだわったのは「収入」です。

婚活=一生を共にするお相手探し

ですから
「収入よりも大切なものがたくさんある!」
と言う人もいますが、私は一生を共にするお相手だからこそ「収入」にこだわりました。

もちろん収入が高くてもフィーリングや価値観が全く合わない人とは結婚できない前提のお話しです。

180-Woman01
そんな収入にこだわってアラフォー婚活した私の主人は出会った当時42歳で年収700万円でした。

年収700万円が高望みか、そうでないかは意見が分かれると思います。

ただ
40歳代前半(40~44歳)の男性の平均年収は約560万円
40歳代後半(45~49歳)の男性の平均年収は約630万円
※国税庁「民間給与実態統計調査」

という結果を見ればアラフォー女性が婚活で年収700万円以上を望むのは高望みと言われても仕方ない事だと思います。

ちなみに年収1000万円以上を希望される方もいるようですが、年収1000万円は全体の数%程度でなかなか現実的ではありません。
600万円や700万円以上ならチャンスはきっとあると思います。

体験して思う高望み婚活が成功した理由

私が高望みといえる相手と結婚できた理由は大きく2つあると思っています。

それは
 ハイクラスの結婚相談所で婚活したこと
 条件を年収だけに絞ったこと
の2点。

簡単にそれぞれの理由を説明していきます。

ハイクラスの結婚相談所で婚活

まず、ハイクラスの結婚相談所には、年収の高い人が集まっています。
例えば私がお世話になったIBJメンバーズでは、登録男性の半数は年収600万円以上です。
参考までに年収1000万円以上は約7%です。

IBJメンバーズ公式サイト>>

お見合いパーティーなどの婚活よりも断然年収の高い人と出会えるチャンスは多いです。

と言いますか、お見合いパーティーでは、まずお相手の正確な年収は分かりません。
結婚相談所のような収入証明書の提出義務がないのがほとんどで、年収は言ったもの勝ちみたいなところがあります。

mote

なかには収入証明書提出義務がある高収入限定の婚活パーティーもありますが、そのようなパーティーは人気が高く、若くてきれいで積極的な強力なライバルがたくさんいるのが現実です。

そのような中でも頑張って婚活できる自信があればパーティーもありだと思いますが、残念ながら私には無理でした・・・。

また、お見合い塾のようなところで婚活する場合は、高望みより現実的な婚活を進められる傾向にあります。
そんな環境で年収の高い人ばかりを選んでお見合いを希望して婚活するのは、あまり歓迎されません。

条件を年収だけに絞った

私は婚活を始めた頃、年収と合わせて、職業や学歴、年齢など相手に様々な条件を付けていました。
もちろん結果はさっぱり・・。

女性がまず年収で男性を選ぶように、男性は女性をまず年齢で選ぶものだと分かっていながらも甘く考えていました。

アラフォーで高望みな相手と結婚したい方は、とにかく相手の条件を一つだけ決める。
その他の条件は全て諦めるわけではなく、妥当な範囲まで広げてみる。

私はこの方法で高望み婚に成功することができました。

高望み婚活で最初にすべきこと

kag
アラフォーで高望み婚を目指している方は、まず自分が本当に結婚したいのか、もし結婚したいのなら、どうして結婚したいのかを明確にすることが大事です。
「子供が欲しいから」
「将来一人でいるのは寂しいから」
「経済的な安定のため」など・・

理由をはっきりさせることで、少々妥協しても結婚したいのか妥協してまで結婚したくないのかが分かります。
また、結婚相手に何を一番求めるかも分かるので、相手の条件を設定しやすくなります

私はアラフォー婚活で結婚しましたが、20代後半にも一度婚活した経験があります。
その頃は「親がうるさいから」「友達が結婚した」など周囲の影響が大きかったように思います。

アラフォーで婚活したときのような「絶対結婚するぞ!」という自らの強い意志ではなく、漠然と「そろそろ30歳だし結婚した方がいいのかも・・」ぐらいの気持ちで婚活していました。
humn
そんな調子なので、男性を紹介されても「あれが嫌、これが嫌」と文句ばかり言ってちっとも前に進みませんでした。
お世話をして下さった方にも「あなたは相手にいったい何を求めているの?」と言われる始末・・。

理由が曖昧なままでは、あれもこれもと求めすぎて結婚は遠のくばかりです。

自分が本当に結婚したいのか、結婚したいならどんな結婚がしたいかをはっきりさせれば、相手に何を望んでいるのかも分かり、婚活がずっとスムーズになると思います。

私が年収700万円以上の人と結婚するまで

私が入会した結婚相談所IBJメンバーズでは、自分で相手のプロフィールを写真付きで検索できます。
私も入会後さっそく、条件を設定しお相手を検索してみました。
nym2
自分の条件に合うお相手候補がたくさんいると分かり喜んだのも束の間、その中から私に申し込みをくれる人は一人もありませんでした。

思い切って自分から申し込んでみるも返答もなく、アラフォー女性の婚活がいかに厳しいか身をもって感じたのです。

結婚相談所には年収など条件がいい人がいるのは事実ですが、そういった人には人気が集中、ライバルがいっぱいです。
「このままでは結婚どころか、お見合いすらできないのでは・・?」と焦りました。

私は「いい人に出会わなかったら一生結婚しなくていい。」とは割り切れず、
「数年以内に必ず結婚したい!」と思っていました。
なので、まず自分自身の条件をあらためて見つめ直し、相手に求める条件を広げてみることにしました。

具体的には、年齢が±5歳までだったのを±15歳に、地域も県外まで広げました。
ルックスについてもこだわらず、とりあえず一度は会ってみることを心掛けました。
一方で、年収の条件だけは譲りませんでした。

このように年収以外の条件の幅をグンと広げたことで、お見合い相手がいないという状況はまずなくなりました。

年収700万円以上は高望みといわれるけど、諦めずに結婚できて良かった

プリント

年収以外の条件を緩めたことで、お見合い相手は格段に増えました。
結果、3人目のお見合いで出会えたのが今の主人です。ちなみにお見合いは私の方から申し込みました。

結婚してから聞いたのですが、主人には毎週数人の女性からお見合いの申し込みがあって、お見合い相手を探すのに困ったことがなかったそうです。

年収700万円を超えるような人とお見合いするのが、いかに大変かを物語っています。

ようやくお見合いできたとしても、油断は禁物!
ライバルに少しでも差をつけるため、日頃から内面・外見ともに磨いておくことが大切です。

私も諦めずに頑張ったからこそ今があると思っています。

高望み婚におススメな婚活方法

婚活の仕方はいくつかありますが、婚活パーティーは免許証や保険証の提出だけでOK、プロフィールは自己申告なので信憑性がやはり心配です。

syor

その点、結婚相談所では身分証明がとても厳しくチェックされます。
特に男性は年収、学歴、婚姻歴の有無を証明するものの提出が必要となりますので、身元の保証がしっかりされていて安心です。

また自分が求める条件の人と早く出会えるので、非常に効率的です。

年収の高い40代の独身男性は仕事が忙しいこともあり、費用が高くても効率良くできる結婚相談所を利用する傾向にあるのだそう。

私自身の経験からもアラフォー女性が時間を無駄にせず、いい相手と出会うには断然結婚相談所がおすすめです。

年収が高くてもこんな人は嫌

友人のお見合い相手の話です。
money
3歳年上の趣味は、高級ブランドの腕時計収集だったのだそう。
聞くと、洋服や車など身の回りのものに、とてもこだわりがある様子だったとか。

「こんなお金の使い方がもし結婚後も続いたら無理・・」と友人は思ったそうです。
年収がそこそこ高くても、浪費しすぎる男性は考えものですね。

 あなたにピッタリな婚活スタイル探しのご参考に
rank-s

2017年1月30日 アラフォー女性の私が高望み婚活を成功させるために心掛けたこと はコメントを受け付けていません。 婚活お役立ち情報