見えない部分で努力する

婚活は30代後半にしていたのですが、40代に入ってからはそこまで自分から積極的にはなっていませんでした。

しかし、奇跡の出会いを祈りつつ、日々一生懸命生きています。

そんな時に、あるプロジェクトに参加することになりました。

それは知り合いの社長さんの会社が行うプロジェクトのボランティア活動です。
期間が1年間ありましたが、女性とは一切接する機会はありませんでした。

参加理由は自分の見聞を広げるためです。

その1年間でたくさんの社長さんと出会い、たくさんの経験をさせて頂きました。これは私にとって財産です。

プロジェクトも成功し喜んでいると、社長から「お前も独身はやめて、そろそろ結婚しないのか」と言われ、なんとお見合いをセッティングしてくれたのです。

お相手の女性を3名も紹介して下さるそうで、事前の情報では皆さん素敵な女性ばかりです。

この時に思いました。『見えない部分で努力してると見ている人は見ていてくれてご褒美を下さるのだと。

また、この女性達だけでなく、他にも女性との出会いを無償でセッティングして下さる別の社長さんも出てきており感謝しております。

婚活を妙に意識し過ぎず、日々一生懸命努力することも結婚への道だと考えてます。

軽い感じで婚活を頭の隅に入れておくのがちょうど良いのかもしれません。

■ご投稿者 社長 様 40歳

管理者 より

1年間ものボランティア活動を通じて、様々な方と出会われ色んな経験を積まれたんですね。

そんな頑張られている姿を見て、きっと周りの方々も「お見合い相手を紹介してあげたい。」と思われたのでしょうね。

ただ”結婚したい”と思うだけでなく、そのために自分を磨く努力をする事も大事ですね。

あなたにピッタリな婚活スタイルは?
rank-s